07

現場、企画、営業、出向。
色々な経験が、
新しい景色を見せてくれた。

和泉 芳典 / アセットソリューション第三部 /
2009年入社

SCROLL

10年間で8回の担当業務変更。初期はものづくりの現場で鍛錬。

 私の経歴を語る時には、8回の担当業務変更の話をしなければなりません。
 「いろんな経験ができていいですね」という人もいますが、人によっては「そんなに慌ただしい会社なのか」と驚く人もいるかもしれません。私自身も正直びっくりしています。こんなに多くの業務に携わって来たのか…と。ここではできるだけ包み隠さずありのままを話したと思います。
 学生時代、リーマンショックの直後で投資を手控える会社も多いなか、40棟のビルを建替えると意気揚々のヒューリック。色々な経験ができるとは思っていましたが、予想はるかにを超えていました。
 1年目の開発推進部では、実施段階に入った開発事業のコスト・スケジュールのマネジメント業務を経験。麹町ビルや数寄屋橋ビルは当時の担当物件。新築の工事費はいくらなのか、何月何日までに何をやらなければいけないのか…など、知識のないまま、ゼネコンや専門家の方々に助けていただきながら必死で進めました。もともと人見知りでしたが、そんなことを悩んでいる暇はなく、おかげで度胸がついたように思います。
 息つく暇なく2年目に開発事業部へ。技術部門を作ろうと当時の技術系の人を集めて新設された部署でした。ここで開発事業の企画設計・基本設計の監修業務を担当。
 4年目には開発推進部技術企画室という部門ができ、新築だけでなく既存物件の用途を変えて改装するコンバージョン案件も経験。銀行の社員寮を調査して、改修がいいか建替えがいいかを検討し、建築や事業の観点など、様々な視点からジャッジ。怒涛の日々で振り返る余裕はありませんでしたが、施工知識などこれまでの具体的なスキルを総動員する必要があり、自分の成長を実感できた時期でした。

  • 銀行の社員寮をシェア型賃貸住宅にリノベーション

  • 銀行の社員寮をシェア型賃貸住宅にリノベーション

CRE案件で営業初経験。テナントリーシングにもチャレンジ。

 6年目には地方百貨店のCRE(Corporate Real Estate)案件を担当。百貨店が持つ店舗も立派な不動産でした。
 たとえば百貨店の面積を半分にしてテナント業に入れ替えましょう、などと相手企業の立場になって企業価値向上の観点から経営戦略的視点に立って見直しを行い提案する。これまではゼネコンや設計事務所に発注する仕事ばかりだったので、お客様から仕事を受注する営業的な仕事は初めての経験でした。
 そうこうしている間にまた異動。開発業務の一環として、商業物件のテナントリーシング担当になりました。
 新たに開発する商業ビルに入居してくださるお客様を探すべく営業をしました。営業先が飲食店なら事前に食べに出かける。メガネ屋さんならメガネを買ってアポに行く。基本的なことがとても大事なのだと改めて気づきました。前の部署で経験して得たお客様視点が役立ちました。
 その後、再び大きな転機が…2度に渡る出向です。

他を知るから自分がわかる。幅広い経験が教えてくれたこと。

 7年目、次世代型ヘルスケアモールを立ち上げるべく、百貨店と医療系企業とヒューリックの3社で立ち上げた合弁会社へヒューリック本体での開発事業担当と兼務する形で出向。サブリース事業を担当し、3社の架け橋となるべく奮闘しました。
 8年目の異動は都内の大手インフラ企業への外部出向。駅のみならず駅の出口も立派な不動産。出入り口設置のための不動産の取得などを担当しました。
 昔から自分は愛想がないタイプだと思っていましたが、外部出向の経験を通じて、色々な人とすぐに親しくなれることに気づきました。また他社を知ることで自社のことが改めて分かってきたようにも思います。
 入社してから10年。様々な局面がありましたが、新しい挑戦はやっぱり怖い。でも、怖いと言っても尻込みしていては状況は何も変わらないんですよね。とにかく全てがスピーディーに変化する会社なので、自分の仕事が日々変わっていくのも当然のことなのだと思います。
 多様な経験ができ視野を広げられた反面、何か一つを長期間続けて専門性を高めることはこれからです。「あの人にはかなわない」と思われるようなスペシャルな力を身に付けたいです。

  • CAREER #07

    和泉 芳典 /
    アセットソリューション
    第三部

  • 2009年新卒入社。大学院では建築デザインと近現代建築史の研究室に所属。就職活動では、開発事業を首尾一貫して担当させてもらえるような働き方ができる会社を志望。リーマンショック直後の会社説明会で強気なビジョンを宣言する現会長に興味を持ちヒューリックに入社。新卒二期生として、多くの先輩方にかわいがってもらう新人時代を過ごす。常識にとらわれないピュアでニュートラルな思考の持ち主。