株主・投資家への取り組み

基本的な考え方

適時、適切な情報開示に努めるとともに、決算説明会や個人投資家向け会社説明会等を積極的に行い、多様な相互コミュニケーションを図っています。

情報開示方針

ディスクロージャーポリシーに基づき、株主・投資家の皆さまの投資判断に資する公平かつ適時、正確な情報開示を目指しています。情報開示に当たっては、関係法令等を遵守するとともに当社の事業活動をご理解いただくために経営戦略や財務情報等を積極的に開示していきます。適時開示規則や関係法令等に該当しない情報についても、投資判断に資すると判断される情報については、当社ホームページ等を通じて速やかに開示しています。

株主還元

当社は株主の皆さまへの適切な利益還元を経営課題と位置づけ、業績動向を踏まえた安定した配当を継続することを基本方針としています。2022年度の連結配当性向は40.3%であり、中期経営計画(2023~2025年)でも、連結配当性向を40%以上とすることを目標としております。

リンクページ: 配当金に関する基本方針と配当状況

株主優待

株主の皆さまの日頃のご支援に感謝するため、株主優待制度を実施しており、300株以上お持ちの株主の方へ年1回3,000円相当のグルメカタログギフトをお送りしています。同一株主番号で3年以上継続して300株以上お持ちの株主の方はカタログからお好きな商品を2点お選びいただけます(6,000円相当)。

リンクページ: 株主優待

各種IRツールの充実

半期ごとに発行する株主通信のほか、ホームページIRサイトでは最新のトピックスをタイムリーに情報発信しています。よりタイムリーに情報を受け取っていただけるよう、当社のニュースリリースが配信される度に登録者の方へメールでお知らせするメール配信サービスも行っています(登録は当社ホームページから行うことができます)。決算説明会等ではパワーポイントによる映像資料を活用し、わかりやすい説明に努めています。また、ホームページで説明会資料(和文版・英文版)の公開、動画の配信をしています。

株主総会での取り組み

第93期定時株主総会を2023年3月23日にヒューリック株式会社本社にて開催し、多くの株主の皆さまに出席していただきました。株主総会の活性化のため、株主総会招集通知の早期発送や、電磁的方法による議決権行使等を実施しています。また、株主総会では映像資料等を活用してわかりやすく事業活動を説明するように心がけました。さらに、お子さまのいらっしゃる株主さまにも安心して株主総会に参加していただけるように、本社内の託児所を開放しました。今後も株主の皆さまとの対話を通じて、当社への理解を深めていただくように努めていきます。

リンクページ: 株主総会

機関投資家への説明会の実施

当社は、主に機関投資家の皆さまを対象とした経営トップによる決算説明会を毎年2回(第2四半期、期末)実施しています。また、機関投資家を個別に訪問し自社の説明を行う「ワン・オン・ワン・ミーティング」を国内で多数実施しているほか、欧州・米国・アジアなどの海外機関投資家に対して、積極的にIR活動を展開しています。(2022年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、投資家への訪問は控え、オンラインでのIRミーテイングを中心に実施しました。)

個人投資家への説明会の実施

当社は、個人投資家の皆さまに当社のことをより深くご理解いただくため、IR活動に積極的に取り組んでいます。個人投資家向けのセミナーやフェア等に参加し、より多くの方々に当社を知っていただく機会を作っています。今後もこうした個人投資家の皆さまと直接対話できるようなIR活動を進めていきます。

リンクページ: 個人投資家向け説明会

ESG投資銘柄への選定

環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている企業として、以下6つの株価指数の構成銘柄に継続選定されています。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ESGの取り組みに基づいた投資を行うためにこの6つの指数を運用の際のベンチマークとしています。

IR活動の外部評価

当社ホームページでは、当社の様々な取り組みに関して、タイムリーかつ詳細な情報を公開しています。2022年は、日興アイ・アール株式会社の「2022年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査 総合部門最優秀サイト」、Gómez IR サイトランキングでは、「IR サイト総合ランキング銀賞」、大和インベスター・リレーションズ株式会社の「2022年インターネットIR 表彰 優良賞」を受賞しました。

ページトップへ