HULIC×ストーリー

物件概要

物件詳細・アクセス
名称 チャームプレミア深沢(ヒューリック深沢)
所在地 東京都世田谷区深沢7丁目
アクセス 東急田園都市線「桜新町駅」徒歩14分
規模 地上3階、地下1階
敷地面積 約3,720m2
延床面積 約4,422m2
竣工 2017年7月

ヒューリックのCRE事業について

CRE(Corporate Real Estate)事業とは、法人のお客様が保有する有効活用のお手伝いを通じて、企業価値向上をサポートする事業です。本案権は日本体育大学所有の寮跡地を60年借地し、地域ニーズに対応した資産価値の最大化を図ったものです。

プロジェクトの経緯

世田谷の閑静な住宅街に位置し、3棟の女子寮の跡地である約1200坪という広大な敷地である当計画地に魅力を感じ、日本体育大学が開催した女子寮の跡地開発のコンペに、当社も参加を決めました。当社では2014年にシニア施設の開発、取得を専門とするシニアビジネス開発部を設立し、高齢者ビジネスを開始しました。そのため、高級老人ホームを中心とした施設の提案を検討し、プロジェクトをスタートさせました。
今回のクライアントであった日本体育大学は、創立以来125年間日本の体育、スポーツの発展を牽引されてきました。そのため、単なる高齢者施設を作るのではなく、むしろ、日本体育大学(「児童スポーツ教育学部」「スポーツマネジメント学部」「体育学部」「保健医療学部」)の学生の皆様に「現場を知る学びの場」を提供したいという想いがありました。その結果、老人ホーム(運営会社のチャームケアコーポレーションに賃貸)に加えて、診療所や研修施設からなる複合施設の建設を決定しました。
また、老人ホーム入居者の方々にも、学生の皆様とふれあう機会を提供したいという思いがあり、『多世代交流』が生まれる施設「ヒューリック深沢」が生まれました。

  • リハビリルーム
  • エントランスホール

物件の特徴

外観は、明るいアースカラーのタイル貼りの壁面になっています。日本体育大学本校舎と近い色のタイルを利用することにより、クライアント様にとって、新しい施設ではあるが、なつかしさ、親しみのある施設を目指しました。
環境面については、既存樹木の保存や全館LED照明の採用、太陽光発電による共用部照明への電力供給等により、省エネルギー・省CO2に貢献しています。
建物の安全面・BCP対応としては、まず、建築基準法1.25 倍相当の耐震性により、住まいの安心・安全を確保しました。そして、災害対策としては、公共インフラが途絶えた際に生活排水を貯留する汚水貯留槽の設置、ゲリラ豪雨等に対応した雨水貯留槽の設置、防災倉庫の設置など、あらゆる災害を想定し、施設を使われる居住者とスタッフに安心と安全を提供できる計画としています。

  • 正面ルーバー
  • 屋上太陽光パネル
  • 1階中庭と地下1階園庭
ページトップへ