HULIC×ストーリー

物件概要

物件詳細・アクセス
用途 ホテル・商業
住所 東京都千代田区有楽町2丁目
アクセス 東京メトロ銀座線線ほか銀座駅より 徒歩 1分
規模 地上13階、地下2階
敷地面積 約1,530m2
延床面積 約15,782m2
竣工 2018年10月(竣工予定)

※ホテル開業は12月予定

ヒューリックの観光事業について

日本政府は訪日外国人旅行者数の目標を2020年時点で4,000万人、2030年時点で6,000万人としており、今後も訪日外国人旅行者の増加が見込まれます。また、国内の新たな主要な消費層となる富裕層や高齢者層、団塊の世代等における「旅行」のニーズも増加しております。当社はこれらの社会動向から、観光ビジネスを成長セクターと認識し、2014年に専門部署として担当する観光ビジネス開発部を設置し、主に、以下のような観光事業の推進・開拓に取り組んでいます。

  • 自社ブランド“THE GATE HOTEL”の展開
  • 観光エリアを対象としたホテル投資
  • 高級温泉旅館

プロジェクトの経緯

「ニュートーキヨービルヂング」及び「ヒューリック有楽町ビル」を取得し、新たな観光、商業施設の開発計画が始まりました。当物件は、都内トップクラスの乗降客数である有楽町駅、銀座駅、日比谷駅等からアクセス可能という抜群のロケーションに位置しており、訪日外国人客も多く訪れるエリアです。そのため、浅草に次ぐ自社ブランド「“THE GATE HOTEL”」第2弾となる「(仮称)THE GATE HOTEL 東京 by HULIC」の開業を計画し、訪日外国人客もターゲットにしたラグジュアリーなホテルの開発が決まりました。下層階の商業フロアには、日本屈指の商業地である銀座・有楽町にふさわしい話題性のある店舗が集積します。

物件の特徴

本計画地は、当社の重点エリアである銀座・有楽町地区でも数寄屋橋交差点付近で、晴海通りに面する好立地上にあります。そのポテンシャルを活かすと共に、当社のフラグシップとなるホテルと商業部分からなる複合施設です。
交通は、鉄道8路線、4駅(銀座駅、有楽町駅、日比谷駅、銀座一丁目駅)を利用することができ、銀座駅と地下通路で接続する抜群のアクセスです。

有楽町 路線図イメージ

当ホテルは、 豊富なスタイルの客室だけでなく、こだわりの食事を提供するダイニング、外気を感じるロビー、銀座を一望できる屋外テラスなど、「銀座・有楽町・日比谷という街を楽しめる空間」の提供を目指します。
また、ホテル部分と商業部分を別々に捉えるのではなく、下層階の商業フロアには、ホテル宿泊者の皆様に「+α」の選択肢を提供するようなユニークなレストラン等をテナント様として迎え、商業フロアとホテルの魅力を相互に高め合う施設となっています。

ページトップへ