取締役会・監査役会・委員会メンバー

取締役会、監査役会、各委員会のメンバーと出席率

当社の取締役会及び監査役会、任意の委員会である指名諮問委員会、報酬諮問委員会は、以下のメンバーで構成されています。
なお、2023年4月1日現在、取締役会・監査役会のメンバーは、男性12名、女性5名(役員のうち、女性の比率30%)です。

役職名 氏名 取締役会 監査役会 指名諮問
委員会
報酬諮問
委員会
代表取締役会長 西浦 三郎 - - -
代表取締役社長 前田 隆也 - - -
代表取締役副社長 志賀 秀啓 - - -
取締役副社長 小林 元 - - -
取締役専務執行役員 中嶋 忠 - - -
取締役(非業務執行)取締役会議長 吉留 学 - - -
取締役(社外) 宮島 司 -
取締役(社外) 山田 秀雄 -
取締役(社外) 福島 敦子 -
取締役(社外) 辻 伸治 -
取締役(社外) 秋田 喜代美 - - -
取締役(社外) 髙橋 祐子 - - -
常勤監査役 岡本 雅弘 - - -
常勤監査役 田中 美衣 - - -
監査役(社外) 小林 伸行 - - -
監査役(社外) 関口 憲一 - - -
監査役(社外) 小池 德子 - - -
  • ◎はそれぞれの会議体の長を指します。

2022年度の取締役会、監査役会、任意の委員会への出席率

役職名 氏名 取締役会 監査役会 指名諮問
委員会
報酬諮問
委員会
代表取締役会長 西浦 三郎 16回/16回(100%) - - -
代表取締役社長 前田 隆也 16回/16回(100%) - - -
代表取締役副社長 志賀 秀啓 16回/16回(100%) - - -
取締役副社長 小林 元 16回/16回(100%) - - -
取締役専務執行役員 中嶋 忠 16回/16回(100%) - - -
取締役(非業務執行)
取締役会議長
吉留 学 16回/16回(100%) - - -
取締役(社外) 宮島 司 16回/16回(100%) - 1回/1回(100%) 2回/2回(100%)
取締役(社外) 山田 秀雄 16回/16回(100%) - 1回/1回(100%) 2回/2回(100%)
取締役(社外) 福島 敦子 16回/16回(100%) - 1回/1回(100%) 2回/2回(100%)
取締役(社外) 辻 伸治 12回/12回(100%) - 1回/1回(100%) 2回/2回(100%)
取締役(社外) 髙橋 薫 4回/4回(100%) - - -
常勤監査役 中根 繁男 16回/16回(100%) 14回/14回(100%) - -
常勤監査役 岡本 雅弘 16回/16回(100%) 14回/14回(100%) - -
監査役(社外) 根津 公一 15回/16回(94%) 12回/14回(86%) - -
監査役(社外) 小林 伸行 16回/16回(100%) 14回/14回(100%) - -
監査役(社外) 関口 憲一 16回/16回(100%) 14回/14回(100%) - -
  • 2022年1月~12月に開催された会議への出席率です。
    なお、髙橋 薫氏は2022年1月~3月の出席率、辻 伸治氏は2022年3月~12月の出席率となります。根津 公一氏は2022年12月31日をもって監査役を辞任しています。

取締役のスキル・マトリックス

中長期経営計画の実現に向け、必要と考える取締役のスキルを①企業経営 ②サステナビリティ・ESG ③財務・会計・ファイナンス ④法務・コンプライアンス ⑤リスクマネジメント ⑥人事・労務・人材開発 ⑦不動産事業に関するスキルと定義しています。
当社の求めるスキルを持つ取締役を適切に選任しており、その一覧は下表の通りです。

氏名 役職名 企業
経営
サステナ
ビリティ
・ESG
財務・
会計
ファイナンス
法務・
コンプライアンス
リスク
マネジメント
人事・
労務・
人材開発
不動産
事業
西浦 三郎 代表
取締役
会長
前田 隆也 代表
取締役
社長
志賀 秀啓 代表
取締役
副社長
小林 元 取締役
副社長
中嶋 忠 取締役
専務
執行役員
吉留 学 取締役
(非業務
執行)
取締役
会議長
宮島 司 社外
取締役
山田 秀雄 社外
取締役
福島 敦子 社外
取締役
辻 伸治 社外
取締役
秋田 喜代美 社外
取締役
髙橋 祐子 社外
取締役
  • 〇をつけたスキルの中で特に代表的なスキルに◎をつけています。
  • 上記一覧表は、各取締役の有するすべての知見・経験を評すものではありません。

取締役等の責任

責任限定契約の内容の概要

当社と各取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)ならびに各監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を法令が規定する限度額までに限定する契約を締結しています。

役員等賠償責任保険契約の概要

当社では、保険会社との間で、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約(D&O保険)を締結しています。その内容は下記の通りです。

  • 被保険者の範囲
    当社の会社法上の取締役及び監査役です。
  • 役員が負担している保険料の割合
    当社が締結しているD&O保険の年間保険料は全額当社が負担しています。
  • 保険契約の内容の概要
    補償地域は全世界、保険期間は2023年2月1日から2024年2月1日です。
    補償対象としている保険事故の概要は次の通りです。
    • 会社の役員としての業務につきおこなった行為(不作為を含みます。)に起因して、保険期間中に株主または第三者から損害賠償請求された場合に、それによって役員が被る損害(法律上の損害賠償金、争訟費用)を補償対象としています。
    • このほか、現に損害賠償請求がなされていなくても、損害賠償請求がなされるおそれがある状況が発生した場合に、被保険者である役員がそれらに対応するために要する費用も補償対象としています。
      また、役員の職務の執行の適正性が損なわれないようにするための措置として、当社の採用するD&O保険では、公序良俗に反する以下の行為を免責としています。
    • - 役員が私的な利益または便宜の供与を違法に得たことに起因する損害賠償請求
    • - 役員の犯罪行為、または役員が違法であることを認識しながらおこなった行為
    • - 役員に報酬または賞与等が違法に支払われたことに起因する損害賠償請求
    • - 役員がおこなったインサイダー取引に起因する損害賠償請求
    • - 違法な利益の供与に起因する損害賠償請求

取締役等による免除の決定機関

当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む)、監査役(監査役であった者を含む)および会計監査人(会計監査人であった者を含む)の当社に対する損害賠償責任を法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めています。これは、取締役、監査役及び会計監査人が期待される役割を十分発揮することを目的とするものです。

役員の指名・選任等

当社は取締役、監査役の選任に関する株主総会の決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めています。これは、株主総会における取締役、監査役の選任に関する定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。なお、取締役会の選任決議については、累積投票に依らないものとする旨を定款に定めています。
また、取締役及び監査役は、株主総会において選任しますが、その指名にあたっては、下記のような方針・手続きを定めています。

取締役候補者・監査役候補者の指名の方針

取締役候補者・監査役候補者の指名に際しては、人格識見に優れ善管注意義務を適切に果たす者であることに加え、様々な職務歴・専門分野を考慮し、偏りのない多様な観点から当社の企業価値向上に資すると考えられる者を選出してまいります。特に監査役候補者には、会計に造詣の深い点を考慮した候補者を1名以上選任するよう、努めています。

取締役候補者・監査役候補者の指名の手続き

取締役候補者・監査役候補者の指名に際しては、独立社外取締役のみで構成される指名諮問委員会の審議を経て、決定することとしています。各候補者の選任理由については、株主総会招集通知に記載することとします。

ページトップへ